• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

のどが腫れて痛むときに「天津感冒片(てんしんかんぼうへん)」

こんにちは。

年末年始、急にインフルエンザが全国的に流行の兆しを見せ始めました。新しい年に入り、インフルエンザでダウンという人も増え、学級閉鎖も出てきました。

小さなお子様やお年寄り…特に受験生のいる家庭では、お母さんの不安は増すばかり…。「なる前に予防する!」ということが大切です。

インフルエンザの症状はカゼと似ていますが、感染すると38度以上の急な発熱や頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状があらわれ、熱が強いのが特徴です。

ウイルスは、呼吸器を介して体内に侵入します。わずか1個のウイルスは、約8時間後には100個、さらに8時間(感染から16時間後)には1万個、更に8時間を経過(感染から24時間後)すると、ウイルスは実に100万個にまで増殖すると言われています。そのため、早めの対応が肝腎です。

熱が高く、のどが腫れて痛む、口が渇く、頭が痛い…このような症状がある場合、金銀花や連翹など、抗菌・抗ウイルス作用のある生薬の入っている「天津感冒片(てんしんかんぼうへん)」がおススメです。

特にのどが痛い場合、「天津感冒片」をトローチ代わりに舐めながら服用していただきます。場合によっては、少量を間隔を短く…。基本的に「天津感冒片」など、熱を冷ます漢方薬は苦いですが、早くのどの痛みが取れるので喜ばれます。

のどが痛い…唾を飲んでも痛いという人で、のどの周辺まで痛くなってきている…というお客様にやっていただくと、よく効いたようで、その後は「天津感冒片」のファンになってくださいました。

また「天津感冒片」は、妊婦さんや授乳中でも安心してのめますし、眠くならないので受験生にもピッタリ…。ぜひ、お試しください。

そして、予防には「板藍茶」「板藍のど飴」を…。人込みに行くことがあったり、まわりにカゼ引きがいる場合には、うがい、手洗いに加え「板藍茶」を!

140228_1

天津感冒片   72錠 1944円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。